お知らせNews

大人向けフォニックスコースのご紹介!

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsです!

今日はDiscovering Soundsの新コース、「大人向けフォニックスコース」について紹介したいと思います!

フォニックスコース、聞いたことはあるけど、子供向けじゃないの?と思っている方も多くいらっしゃると思います。大人でも大丈夫なんです!

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

フォニックスがわかるようになると何が変わる?

フォニックスがわかるようになると、一体何が変わるのか?誰もが疑問に思うところですね。

1.見た瞬間に単語の発音がわかるようになる→初見の英語でも正しく読めるようになります!

2.正しい発音を知ることで、リスニング力が上がります!

3.今まで知らない単語が出てくると、読み方がわからず止まっていたところが、スラスラ読めるようになります!

4.カタカナ英語から卒業できます!

フォニックスを勉強するメリットがたくさんありますね。

 

フォニックスは発音の基礎!

フォニックスはスペルと音の関係を勉強します。そのため、スペルを見ただけで発音が想像できるようになるのです。

フォニックスは発音の勉強の基礎なんです。

フォニックスを勉強することで、英語が「読める」ようになり、「分かる」ようになるので、英語が楽しく、もっと好きになりますね。

 

フォニックスとはどんな学習法?

日本語の発音は、ローマ字にすると「 a i u e o」の5つの母音が中心で、それ以外の音を子音と呼びます。子音は常に母音と「 ka ki ku ke ko」とセットになっており、子音だけで音を成すことはありません。一方、英語は、母音のつづりが「 a i u e o」になるのは日本語と基本的に同じです。

しかし、英語の場合は単語の組み合わせで母音の「音」が変わります。そして、一番の違いは子音が単独で音を持っていること。英語の子音には有声音や、日本語には無い無声音などもあり、単語には子音の方が多くなります。フォニックスをマスターして、スペルと発音の規則性を理解すれば、初めて目にする英単語や、耳にした英単語のスペリングを推測して書いたり、読んだりすることができるようになります。

 

フォニックスの音を知ろう!

フォニックスには、「アルファベット読み」と「フォニックス読み」の2種類があります。普段学校で習う読み方は「アルファベット読み」だけになります。実は、この「フォニックス読み」を知ることがとても大切です。

英語圏の子供たちは、appleの読み方をどう勉強するでしょうか?先生がりんごの絵が描かれたflash cardを持って、” /æ/, /æ/, /ˈæpəl/ “と、音と絵をリンクさせて指導します。

この /æ/という音がまさに「フォニックス読み」のaであり、どの音として読まれるかを「音」で子どもたちにわからせているのです。

 

フォニックスを勉強する目的

1.アルファベット読みとフォニックス読みの音の違いを知ることが英語学習の土台を作ります!

まず英語の学習を始めるにはアルファベットを知る必要があります。アルファベットは26文字で構成されていて、英語、英文はすべてこのアルファベットで表記されます。まずは、アルファベット読みとフォニックス読みの2つを知ることが大切です。

 

2.アルファベット読みとフォニックス読みを知ることで、正しく読めるようになる。

フォニックスの4技能のうちの、「読む」「書く」力を向上させるためにも、きちんと読み方の違いを覚える必要があります。
演習を繰り返すことで、脳に刺激を与え、脳が活性化し記憶力を高める効果があります。

 

3.英語の発音記号を覚えることで、フォニックス学習をより効果的に!

加えて、英語の発音記号を覚えることで、単語のスペルから発音方法が逆算できるようになります。
これも演習を繰り返すことで、最終的には、単語を見るだけで瞬時に発音方法が分かります。

 

フォニックスコースのカリキュラム

基本7級:アルファベット読みとフォニックス読みの習得・音節の理解

主な目的 ーフォニックスにおける音の基本的なルールを知る。

アルファベット読みとフォニックス読みの音の違いを知ることが英語学習の土台を作ります!

まず英語の学習を始めるにはアルファベットを知る必要があります。アルファベットは26文字で構成されていて、英語、英文はすべてこのアルファベットで表記されます。ただし、アルファベットは1つの読み方だけではなく、2種類の読み方があります。それが、アルファベット読みとフォニックス読みです。加えて、英語の発音記号を覚えることで、単語のスペルから発音方法が逆算できるようになります。これも演習を繰り返すことで、最終的には、単語を見るだけで瞬時に発音方法が分かります。
7級では、アルファベット読みとフォニックス読みの音の違いをしっかり覚えることで、カタカナ英語から脱却してきれいな発音の基礎の土台を固めることが出来ます。

基本6級:フォニックス基礎ルール(母音)

主な目的ーフォニックスにおける母音の基本的なルールを知る。

基本的な母音のアルファベット読みとフォニックス読みの音の違いを見分ける力を鍛えます!

フォニックスの音を組み合わせて読むことを「ブレンディング」といいます。例えば、[s] [a] [t] をブレンディングすると [sat] という単語になります。この単語は [s] [a] [t] という3つの音から出来ていると理解出来るようになり、英語をしっかり聞き取る力が身に付けられるようになります。
6級ではまず最初に、[sat] [pin] [nap] のような子音(C)ー母音(V)ー子音(C)が組み合わさって出来たCVC単語を読む練習から始めていきます。

基本5級:フォニックス基礎ルール(子音)

主な目的 ーフォニックスにおける子音の基本的なルールを知る。

基本的な子音のアルファベット読みとフォニックス読みの音の違いを見分ける力を鍛えます!

ここでも6級で習得した「ブレンディング」を子音の視点から学びます。子音の基本的な音の違いを学ぶと同時に、基本的なルールの習得も必要になります。例えば、[c] [g] はその後に続く母音の種類によって、2種類の読み方に分かれているというルールです。
(例)[c]に続く音が [a] [o] [u]の場合は、 (cat, cot, cup)
   [c] に続く音が[e] [i] [y]の場合は、 (cent, city, cylinder)
5級では、6級で覚えた母音の基本的なルールを覚えることで、発音方法が分からないという悩みからは完全に解放されます。

応用4級:フォニックス発展ルール(母音)

主な目的 ーフォニックスにおける母音の発展的なルールを知る。フォニックスの複雑な音の習得。

少し複雑な単語であっても、ルールを理解することで読めるようになります!

4級では、もう少し複雑なルールを習得することで、さらに読める単語が増えていきます。最終的には、どんな単語でも即座に読み方が識別できるようになります。
例えば、[m] [a] [i] [l] をブレンディングすると [mail] という単語になります。このように母音が2つ続くときは、ルール上、1つ目の母音をアルファベット読みし、2つ目の母音は発音されません。
4級では、基本ルールに該当しない発展ルールを習得するので、読めない単語がますます少なくなります。

応用3級:フォニックス発展ルール(子音)

主な目的ーフォニックスにおける子音の発展的なルールを知る。フォニックスの複雑な音の習得。

フォニックスの全ての子音ルールをマスターして知識の引き出しを増やします!

3級では、子音におけるフォニックスの発展ルールを習得することで、さらに複雑な単語が読めるようになります。
例えば、連続子音というものがあります。異なる子音が2個並んでいても発音は1度だけ、さらにその組み合わせた子音が全く別の音になるというルールです。[gh]と[ph]はいずれも[f]で発音されます。
例えば、laughやphoto の発音では、それぞれ[gh]と[ph]が[f]となります。
3級の修了間際には、7級から4級までで覚えた全ての母音と子音のルールをマスターしている状態になるため、発音方法が分からない単語がなくなります。

発展2級:熟語〜短文、多重音節の単語の読み方

主な目的熟語や短文がスラスラ読めるようになる。長い単語を見てすぐに読み方が閃くようになる。

多読の基礎を身につけて、音読の能力の向上を目指します!

7級から3級までで習得した音を活かしながら、実際に熟語や短文を読んでいきます。より正確に、より早く読めるようになるため、フォニックスのルールをフル活用して、単語と単語をつなげて読むことを徹底していきます。
2級では、1つ1つの単語に対する読み方の予測力を引き上げ、考えなくても読み方が分かるようになります。

発展1級:文章の読み方

主な目的長い文章もスラスラ読めるようになる。
様々なスタイルの文章を読み、すぐに発音できる瞬発力を身に付ける。

ここまでくればフォニックスマスター!いろいろな英文にチャレンジしてみましょう!

たくさんの英語に触れることで、滑らかに読むという能力が飛躍的に向上します。難しい内容のものであったり、今までだったらちょっと敬遠してしまったものでも、抵抗なく読めるようになります!
フォニックスのルールを完全にマスターし、どんな英語も見た瞬間に読めるようになります。英語を「読む」ということにおいて自信が付き、今後苦労することはありません!

 

フォニックス学習の流れ

1)週1回のレッスンでしっかりインプット!

英語学習の最初はインプットが鍵になります。しっかり音をインプットして知識を身に着けていきます。

2)アウトプットで知識の定着!

単語の読み書きを通して、インプットした知識を同時にアウトプットでしっかり定着させていきます。

アウトプットを繰り返すことで、自信をつけていきます。

3)レッスン後の復習でさらに知識力アップ!

レッスン後に、習った内容に関する宿題が出ます。忘れないうちに宿題に取り組むことで、しっかり知識を定着させることができます。

 

まとめ:大人向けフォニックスコースのご紹介!

いかがでしたでしょうか?

まずは体験レッスンを受けてみてください!「英語は初心者だけど大丈夫?」「今からやっても間に合う?」そんな疑問をお持ちの方へ体験レッスンをお勧めしています。
経験豊富な講師が対応しますので、レッスンを受けたことのない方でも、ご安心ください。是非お気軽にお問い合わせください。

 

本格的に発音矯正をしたい方は、ぜひDiscovering Soundsの発音矯正コースをお試しください。


関連記事はこちら

広報誌「THE DS CIRCLE Vol.3(2024年5月号)」

広報誌「THE DS CIRCLE Vol.2(2024年4月号)」

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

広報誌「THE DS CIRCLE」創刊!

携帯のホーム画面に Web アプリのショートカット(アイコン)を作る方法

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み