英語お役立ち情報English Pronunciation Column

日本語の発声から英語の発声に変えるのはどうしたらいいの?

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsです!

英語を学ぶ際、発音や発声は非常に重要な要素です。正しい発音や発声ができなければ、英語のコミュニケーションがスムーズに行えませんし、ネイティブスピーカーに理解されにくくなります。今回の記事では、英語の発声を上達させるためのポイントを紹介します!

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

日本語の発声から英語の発声に変えるには?

では、どうやったら発声を変えられるのかをご紹介していきます。

 

1)母音の音素の発音ができていないと英語の発声にならない

英語のアウトプット練習をしているとき、自分の声を録音してみて、「なんか違う」と感じたことはありませんか?その違和感は実は、「母音の発声」にあります。

英語の発声を上達させるためには、まず母音の音素の発音が正確にできていることが大切です。英語には5つの母音(a, e, i, o, u)がありますが、それぞれに複数の発音の仕方が存在します。例えば、aは「ア」と「エイ」、eは「エ」と「イー」、iは「イ」と「アイ」のように、それぞれ異なる発音があります。これらの発音を理解し、練習することが英語の発声には欠かせません。

 

2)各母音が口の中のどこで響いているかを意識するのが大事

英語の母音を正確に発音するためには、各母音が口の中のどこで響いているかを意識することが重要です。例えば、「ア」は口を広く開けて、口の奥の方で響かせることがポイントです。このように、各母音の発音を、どの位置で響いているのかを意識的に練習することで、英語の発声の質が向上します。

母音の発音がきっちりできていないと、日本語のようにすべて母音が口の手前で発声されるため、高い音が出てしまいます。ネイティブスピーカーはハスキーだと感じたことはありませんか?日本語は口の手前で話す言語ですが、英語は口の奥で響く音が多いため、日本語よりも低く聞こえてきます。

 

3)日本語のように口の手前で発声していては英語の発声にはならない

日本語と英語では、発声の方法が大きく異なります。日本語では、口の手前で発声することが多いのに対し、英語ではすべての音ではありませんが、かなりの音が口の奥で発声することが求められます。英語の発声を上達させるためには、この違いを意識して練習することが重要です。日本語のように口の手前で発声していては、英語の発声にはなりませんので、発音練習を行う際には、各音がどの部分で響いているのか、特に母音は口の奥の方で発声する音が多いことを意識しましょう。

 

4)ある程度大きい声をだす

英語の発声では、ある程度大きい声を出すことが重要です。英語は日本語と比べて、発音にエネルギーが必要とされます。大きな声で発音することで、正確な発音がしやすくなりますし、相手に自分の言葉が伝わりやすくなります。また、少し大きい声を出すことで、自分の英語に自信を持っているように聞こえます。練習段階から大きな声で発音することを意識し、英語の発声を向上させましょう。

 

5)ぼそぼそ話さない

英語の発声を上達させるためには、ぼそぼそと話すことを避けることが大切です。英語は、はっきりとした発音が求められますので、口を小さくしぼそぼそとした発声では、相手に伝わりにくくなります。英語を話す際には、はっきりと発音し、相手に自分の言葉が伝わるよう意識しましょう。

 

まとめ:日本語の発声から英語の発声に変えるのはどうしたらいいの?

英語の発声を上達させるためには、以下のポイントが重要です。

  1. 母音の音素の発音ができていないと英語の発声にならない
  2. 各母音が口の中でどこで響いているかを意識するのが大事
  3. 日本語のように口の手前で発声していては英語の発声にはならない
  4. ある程度大きい声をだす
  5. ぼそぼそ話さない

英語の発声を向上させるためには、これらのポイントを意識して練習を重ねることが大切です。日本語と英語の発声の違いを理解し、英語の発声に適した練習方法を取り入れて、効果的に英語の発声を上達させましょう。

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。

 


関連記事はこちら

monthsの発音は?

英語嫌いを克服!英語学習を楽しくする3つのポイント

英語の発音は日本語とは口の動きから違う?アプリで発音矯正!

英語の発音がわからない方必見!英語発音の習得方法を徹底解説

発音練習が必須!英語がペラペラになるまでの道のり

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み