英語お役立ち情報English Pronunciation Column

「~」を英語で表現すると?

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsです!

今回のブログ記事では、「~」という特殊な記号について考えてみましょう。「チルダ」または「チルダー」と呼ばれるこの記号は、英語で書く際や話す際にどのように表現するのでしょうか。本記事では、「~」を用いた英語表現や例文をご紹介します。

 

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE! ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。 最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能! 20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。 体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

 

「~」とは何なのでしょう?

「~」は英語の発音上で特別な意味を持つ記号ではありません。しかし今回の議論では、「~」を一般的に範囲や複数の要素を示すために使われる記号として理解します。英語では、「to」、「through」、「until」などの単語を使って範囲を示すことができます。

それでは、「~」を用いた英語表現をいくつか見てみましょう。これらの表現は、”to”、”through”、”from…to”、”till”などの形で表されます。

 

「~」の英語表現

以下に、「~」を用いて表現されるいくつかの英語のフレーズを紹介します。

上記の具体例を通じて、「~」がどのように英語表現に適用されるかをご覧いただけたと思います。「~」は、範囲を示す際や、複数の要素を一括りにする際によく用いられる表現です。このように理解しておくと、日常の英会話や文章作成において、非常に役立ちます。

そして覚えておきたいのは、これらの表現は英語の「~」の使い方を理解するための一部であるということです。他にもさまざまな場面や文脈で使うことができます。規則性を覚え、積極的に使うことで、より自然な英語表現を身につけることができます。

① 人数

  10~20人: “10 to 20 people” または “from 10 to 20 people”

  ”The conference room can comfortably accommodate 10 to 20 people.”

  ”The restaurant’s private dining room can serve from 10 to 20 people.”

② 年数

  1990年~2000年: “from 1990 to 2000″ または “1990 through 2000″

  “My family lived in Japan from 1990 to 2000 2000.”

  ”The research covers the decade from 1990 through 2000.”

③ 曜日

  月曜日~金曜日: “from Monday to Friday” または “Monday through Friday”

  ”I have classes from Monday to Friday.”

  ”Our office is open Monday through Friday from 9 am to 5 pm.”

④ 朝~夜

  朝~夜: “from morning to night” または “from morning till night”

  ”She works from morning till night.”

  ”She studied from morning to night to prepare for her final exams.”

⑤ 時間

  9:00~17:00: “from 9:00 to 17:00″ または “from 9:00 till 17:00″

  ”My shift at the hospital is from 9:00 to 17:00.”

  ”The workshop will run from 9:00 till 17:00 with a one-hour lunch break.”

⑥ お金

 5ドル~10ドル: “from 5 to 10 dollars”

  ”The price ranges from 5 to 10 dollars.”

  ”The cost for parking in this area ranges from 5 to 10 dollars.”

⑦ A~Z

  A~Z: “from A to Z” または “from A through Z”

  ”This course will teach you the basics of computer programming from A to Z.”

  ”The instruction manual details the product setup from A through Z.”

⑧ 季節

  春~秋: “from spring to autumn” または “from spring through autumn”

  ”We enjoy outdoor activities from spring to autumn.”

  ”We grow a wide range of vegetables on our farm from spring through autumn.”

⑨ 年齢

  10歳~15歳: “10 to 15 years old” または “from 10 to 15 years old”

  ”Children aged 10 to 15 can participate in the program.”

  ”The book is suitable for readers from 10 to 15 years old.”

⑩ 場所

  東京~大阪: “from Tokyo to Osaka”

  ”We traveled from Tokyo to Osaka by train.”

  ”She moved from Tokyo to Osaka for her new job.”

⑪ 性別

  男性~女性: “from male to female” または “male to female”

  ”The event aims to promote gender equality from male to female.”

  ”The patient underwent a male to female gender reassignment surgery.”

⑫ 学校

  幼稚園~高校: “kindergarten to high school” または “from kindergarten through high school”

  ”He studied from kindergarten through high school in the same school.”

  ”He has been playing piano since he was in kindergarten to high school.”

⑬ 上~下

  上~下: “top to bottom” または “from top to bottom”

  ”The renovation plan includes a top to bottom makeover of the building.”

  ”She carefully arranged the books from top to bottom on the shelf.”

⑭ 方角

  左~右: “from left to right”

  ”Please move the slider from left to right to adjust the volume.”

⑮ 大きさ

  大~小: “from large to small”

  ”She organized the boxes based on size from large to small.”

⑯ 高さ

 高~低:  “from high to low”

  ”The prices of the products range from high to low.”

⑰ スピード

  早~遅: “from early to late”

  ”The train schedule offers departures from early to late.”

  ”He works long hours, from early in the day to late in the evening.”

⑱ 味覚

  甘~辛:  “from sweet to spicy”

  ”The menu offers dishes with flavors ranging from sweet to spicy.”

 

まとめ:「~」を英語で表現すると?

「~」は英語の表現で広く使われる記号です。この記号を使って範囲や複数を表現する際には、”to”、”through”、”from…to”、”till” などの単語を用います。

これまでに挙げた例は一部ですが、英語における「~」の使い方について解説しました。覚えておくと、日常会話や文書作成において役立つでしょう。継続的な学習と実践によって、より自然な英語表現を身につけることができますので、積極的に使ってみてください。

それでは、皆さんがこれらの表現を日々の学習や実践に活かしていただけることを願っています。英語の表現は奥深く、継続的な学習が必要ですが、それは同時に新たな発見や喜びをもたらすものです。皆さんの英語学習がさらに充実したものになることを願っています。

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。

 


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み