お知らせNews

「日本人が間違えやすい単語の一覧ご紹介」

皆さん、こんにちわ。

Discovering Soundsの講師の森本です!

今日は以下の内容についてお話ししたいと思います。

 

「日本人が間違えやすい単語は?」

「一見似てそうなんだけど、発音全然違う単語は?」

 

英語の中でも発音は実は違うのに、スペルが似ていたりして一見違いがわからない!

という単語が沢山ありますよね。

そこで、本記事では「日本人が間違いやすい単語はどんなもの?」をご紹介します。

 

「一見似てそうなんだけど、発音全然違う単語」

にはどんなものがあるでしょうか。色んな単語を勉強していると、本当に沢山でてくるのですねー。

今日はその一部をご紹介します!

あえてここでは発音記号は書きませんので、なにがどう違うのか、実際に辞書を使って

発音の違いを比べてみましょう。

Color vs Collar

But (強形) vs Bat

Fur vs Far

Further vs Feather vs Farther

Hurt vs Heart vs Hard

Worm vs Warm

Pack vs Park vs Pocket

Hot vs Hat 

Hock vs Hack

Cup vs Cop vs Cap

まずは最初の10個です。よく使う単語も沢山ありますね!

この中でButは強形としていますが、Butには強形と弱形があります。

Butは文章では弱形、あいまい母音のシュワになりますので、ここでの比較は強形の場合の発音です。

母音1つの発音が違うだけで、別の単語に聞こえてしまいます。

こういう比較をすることによって、「母音の発音を区別して使い分けることがいかに大切か」

理解できるようになります。

 

第二弾は、以下の10個です。

Duck vs Dock

Mud vs Mad

Steady vs Study

Cough vs Cuff vs Calf

Cat vs Cut

Bag vs Bug

Sod vs Sad

Add vs Odd

Beer vs Bear

Hold vs Fold

こちらの10個の比較も、よく見る単語ばかりですね。HoldとFoldの2つは、母音の発音は

同じ。でも子音の発音が違うというパターンです。HとFを間違えるだけで、まったく別の単語に

なってしまう良い例ですね。

 

では第三弾の一覧は、

Dear = Deer vs Dare

Pear vs Pier

Pour vs Poor

Soccer vs Sucker

All vs owl

Shawn vs Shown

Ass vs Ash 

Buttocks vs Botox 

Court vs Coat

Sew = So vs Saw

[=]は同じ発音という意味です。

この一覧の中には絶対間違えてはいけないものがありますね。

まずはSoccerとSuckerです。左はスポーツの「サッカー」、右は罵るときに使うような言葉ですので

使わないようにしましょう。ですので、サッカーと言いたいときは、しっかり長母音の[a:]で発音

してあげないといけません。

もう一つは、AssとAshです。左は下品な表現の「お尻」、右は「灰」です。sとshの発音も

よく間違いやすい子音です。ちゃんと意識して発音しないと、間違えてしまうことがありますので

注意して発音しましょう。

 

次の一覧は次の8個です。

Know vs Knowledge

Carton vs Curtain

Bunk vs Bank

Row vs Raw

Corral vs Coral

Salient vs Saline

Compliant vs Complaint

Carve vs Curve vs Curb

Saturn vs Satan

多くの生徒さんが、knowの発音とknowledgeの発音のknowの部分は同じ発音だと思われています。

ここは本当に間違いやすいところです。knowの発音は2重母音の[oʊ]ですが、knowledgeの

knowの部分は[nάlɪdʒ]となり、長母音の[a]なのですね。[noʊlɪdʒ]にならないように注意が必要です。

 

次の一覧は子音のRとLの違いです。皆さんはRとLをしっかり区別して、これらの単語の

発音を間違いなく発音できるでしょうか。

Fry vs Fly

Rock vs Lock

Rent vs Lent

Wrong vs Long

Royal vs Loyal

Grass vs Glass

Lunch vs Ranch

Glow vs Grow

ちゃんと発音できているかどうかは、実際にご自身の発音を録音して聞いてみると良いでしょう。

どっちも同じように聞こえるな?と思った場合は、かなりの確立で両方Lとして発音されている

可能性が高いです。子音のRの場合、舌をしっかり巻いて振り下ろす際の、当校でいう「中間音」が

入っていないとLに聞こえがちです。しっかり巻くRの発音をマスターして、RとLの違いを使い分け

られるようにしましょう!

 

今日は間違いやすい単語の一覧をご紹介しましたが、さて、皆さんはパッとこれらの単語の一覧を見たときに、

「発音記号が透けて見える」でしょうか?

当校のフォニックスセミナーを受講された方はもうお分かりですよね!

フォニックスの学習で、各スペルで発音がどうなるかというルールをご存知であれば、発音が見抜けるようになり、

間違いが減っていきます。「スペルと発音記号の関係」を知っているというのが、発音を間違えない近道でもあるのです!

 

今回の記事では「一見似てそうなんだけど、発音全然違う単語」「日本人が間違いやすい単語」と、

「スペルと発音記号の関係」を知っているということが、発音を間違えない近道でもあるということをご紹介しました!

お気軽にお申し込みください!

60分無料体験レッスンのお申し込み