英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語wouldを使いこなそう!英語の発音上達に欠かせないWebアプリも紹介

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

英語学習者の中には、wouldの意味が理解できずうまく使いこなせていない人が多い印象。
wouldが持つ意味と使い方を理解できれば、表現力が豊かになり英語での会話も断然楽しくなるはずです。

今回は、wouldを使いこなせるよう助動詞wouldについて徹底解説します!

wouldが持つ5つの意味

文法を学習している方は、wouldは助動詞として使うものだと理解していることでしょう。

しかし、willとの使い分けや、wouldが持つさまざまな意味については疑問が生じがちです。
ここからは、wouldを5つの意味に分け、それぞれの使い方をわかりやすく解説します。

willの過去形would

wouldは助動詞willの過去形と認識している方は多いでしょう。
単純にwillの過去形として用いれば、正しくwouldを使うことができます。

また、wouldは過去の習慣を意味する際にも活用でき、この場合は「頻繁に〇〇していた」という解釈になります。
過去の習慣を表現するために使うwouldは「必ず」や「いつも」ではなく、「よく」や「頻繁に」などの柔らかい表現になるのが特徴です。

・On Sundays, I would go to the church.
  /ɑn ˈsʌnˌdeɪz aɪ wəd ɡoʊ tə ðə ʧɜrʧ/
(日曜日はよく教会へ行っていた)

また、wouldを使った表現は「〇〇が〜と言っていた」のような間接話法でよく用いられます。
例えば、リサから聞いたことを他の人に伝えるときに、wouldを使って以下のように表現するのが間接話法です。

・Lisa said she would talk with the customer.
  /ˈlisə sɛd ʃi wəd tɔk wɪð ðə ˈkʌstəmər/
(リサがお客様と話すと言っていた)

丁寧な依頼のwould

wouldを使うことで過去の習慣を柔らかく表現できるとお伝えしましたが、同じようなニュアンスで丁寧さを加えたいときや、柔らかく希望を伝えたいときにもwouldを用いることができます。
例えば、相手に対して遠慮する気持ちがあったり、目上の人に対して丁寧な対応をしたりする際にwouldを使います。

・Would you like something to drink?
  /wəd juː laɪk ˈsʌmθɪŋ tə drɪŋk/
(お飲み物はいかがですか?)

・Would you mind if I ask you to pass the soy sauce?
  /wəd juː maɪnd ɪf aɪ æsk jʊ tə pæs ðə sɔɪ sɔs/
(お醤油を取っていただけませんか?)

「〜したい」のwould (like to)

「〜したい」という意思表示をする際にはwould like to〜を使います。
「〜したい」という表現だと、want to〜やlike to〜が思い浮かぶでしょう。しかし、どちらも「〜したい!」とストレートで直接的な表現になります。

ここで、would like to〜を使えば、少し丁寧に「できれば〜したいのですが」というニュアンスになります。

・I would like to have a cafe latte, please.
  /aɪ wəd laɪk tə həv ə kəˈfeɪ ˈlɑˌteɪ, pliz/
(カフェラテをお願いします)

・I would like to do it.
  /aɪ wəd laɪk tə dʊ ɪt/
(ぜひやらせてください)

可能性を表すwould

wouldは「まだ実現していない」ことや「実現する可能性が低い」というニュアンスとしても使えます。
例えば、以下の文は「明日」を表す未来のことなので、willを動詞の前に付けます。

・It will snow tomorrow.
  /ɪt wɪl snoʊ təˈmɑˌroʊ/
(明日は雪が降りそうだ)

しかし、wouldを使うことで「降らないかもしれない」というニュアンスが強く、雪が降る可能性が低い表現になります。

・It would snow tomorrow.
  /ɪt wəd snoʊ təˈmɑˌroʊ/
(明日は(可能性が低いけど)雪が降りそうだ)

仮定法のwould

wouldは仮定法としてよく用いられます。
仮定法の特徴は、実際には仮定の部分が成立していないため、would以下の希望が実現されないことです。

以下の例文を見てみましょう。

・If I were you, I would be a dentist.
  /ɪf aɪ wəːr ju aɪ wəd biː ə ˈdɛntəst/
(もし僕が君だったら歯医者になりたいよ)

「If I were you = 僕が君だったら」という時点で仮定が成立していません。そのため「I would be a dentist = 歯医者になりたい」ことは実現されないことになります。

・If I could go to Taiwan, I would eat dumplings.
  /ɪf aɪ kəd ɡoʊ tə ˈtaɪˈwɑn aɪ wəd it ˈdʌmplɪŋz/
(もし台湾に行けたとしたら、小籠包を食べたいよ)

この例文も「If I could go to Taiwan = もし台湾に行けたら」という時点で仮定が成立していない(台湾には行けていない)ため「 I would eat dumplings. = 小籠包を食べたい」が実現されないことになります。

wouldを使った仮定法は日常会話でもよく使われます。「もし〜だったら〇〇なのに」という意味になることを覚えておきましょう。

英語の発音を練習するならDiscovering Nativeがおすすめ

ここまで、wouldが持つ意味について解説しました。
wouldを使いこなせるようになれば英語表現に奥行きが出て、コミュニケーションがもっと楽しくなるはずです。
しかし、文法と同じくらい大切なのが英語の発音。
いくら単語や文法を理解していても、正しい発音ができなければ円滑なコミュニケーションを取ることは難しいでしょう。

ここからは、いつでも手軽に空いた時間を使って発音のスキルアップができるアプリ「Discovering Native」を紹介します。

Discovering Nativeとは

Discovering Nativeは、3DCG技術を用いて発音のスキルアップができるサブスクサービス。
パソコンやタブレット、スマホを使って時間や場所を選ばずに発音練習できるのが特長です。
また、AIがユーザーに合った発音トレーニングを提案し、ネイティブのような発音へと導きます。

発音記号を完全にマスターできる

Discovering Nativeでは、たった13個のエクササイズ動画で、全ての子音と母音の発音方法を網羅することができます。
エクササイズ動画では、3DCG動画が口の動きや舌の動かし方、音の出し方まで徹底的に解説。発音記号一つひとつの音を完全に習得することが可能です。

習得したい単語の発音を練習できる

Discovering Nativeでは、発音レッスンにある検索欄に単語や熟語、文章を入力すると必要な発音記号が全て表示されます。
単語だけでなく、文章でも発音記号ごとに発音を確認できるので、苦手な発音も音の仕組みや発音方法を理解し克服できるはずです。

Webカメラで自分の口元を比較できる

Discovering Nativeでは、Webカメラでお手本と自分の口元を同一画面上で比較することができます。同一画面上で動きの確認ができるので、画面から目線を逸らすことなくスムーズな練習が可能。
どこが違うのかが一目でわかり、効率よく練習を進められます。

ユーザー音声を録音できる

Discovering Nativeには、ユーザーの発音を録音できる機能があります。
モデル音声との違いを比較できる上に、自分の発音を聞くことで得意、不得意がすぐにわかります。
苦手な発音は、AIが提案してくれる発音トレーニングで克服するのみ。確実にステップアップしていることがわかるので自信を持って英語での会話ができるようになります。

まとめ:英語wouldを使いこなそう!英語の発音上達に欠かせないWebアプリも紹介

今回は、wouldの意味と使い方について解説しました。

wouldはwillの過去形の他にも、さまざまな意味があるとお分かりいただけたのではないでしょうか。
今回解説したwouldの意味をマスターすることで、コミュニケーションがもっとスムーズに楽しくなるはずです。

また、発音が文法と同じく大切であることもお伝えしました。Discovering Nativeでは、毎日のすきま時間を使って効率よく発音練習ができます。
ユーザー登録後、最初の1ヶ月は無料でご利用いただけます。気になる方は、ぜひDiscovering Nativeをお試しください。

 

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!

ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。 最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能! 20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ


関連記事はこちら

「That’s all」と「That’s it」の違いは?「以上です」の英語表現について

英語発音スキルをアップさせる勉強法を徹底解説

英語学習の次のステップ!略語・スラングを使いこなそう

英語が全くできない超初心者必見!自分に合った学習方法を見つけよう

海外で悪い意味のハンドサイン!やってはいけないコルナサインなど

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み