英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語の”sea”と”she”の発音の違いは?Discovering Nativeで発音を練習しよう!

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

日本人にとって発音の区別が難しい/siː/と/ʃiː/の発音。 英語の”sea”とsheの発音は、同じ音に聞こえますが実は明確に異なります。発音のコツをつかんでネイティブのように発音できたらかっこいいですよね。

今回は、英語の”sea”と”she”の発音の違いについて解説します。

”sea”と”she”の違いを確認しよう

”sea”の発音記号は/siː/、”she”の発音記号は/ʃiː/と表記されます。

しかし、日本語では違いを書き分けられない/s/と/ʃ/の発音。舌や口周りの使い方のコツがつかめれば言い分けることも聞き分けることもできるようになるでしょう。

ここからは”sea”の発音/siː/と”she”の発音/ʃiː/についてそれぞれ解説します。

”sea”の発音 /siː/

“sea”の/s/の発音は、舌先を下に向け、舌の前歯の裏に舌先が触れるような状態で発音します。 口元の力を抜き、少しだけ口角を引いて日本語の「ス」と「シ」の中間のような音を意識してみましょう。

”she”の発音 /ʃiː/

sheの/ʃ/の発音は、舌先を上に向け舌先が口内のどこにも触れていない状態で発音します。唇をすぼめるようなイメージですが、口は全体的に開き日本語の「シュ」に近い音を出すように意識するときれいに発音できますよ。

/s/と/ʃ/の発音を使い分ける練習になる英単語

“sea”と”she”は、/s/と/ʃ/の違いが認識できる音の似た単語です。

”sea”と”she”のように発音が似通った単語の組み合わせを見てみましょう。

・same /seɪm/ vs. shame /ʃeɪm/

・seat /siːt/ vs. sheet /ʃiːt/

・sell /sɛl/ vs. shell /ʃɛl/

・sue /suː/ vs. shoe /ʃuː/

・fist /fɪst/ vs. fished /fɪʃt/

実際に声に出して比べてみると、/s/と/ʃ/の発音を使い分ける良い練習になります。

また、

She sells shells by the seashore.
/ʃiː sɛlz ʃɛlz baɪ ðə ˈsiːˌʃɔːr/

という一文は、/s/と/ʃ/の発音を練習する定番の一文です。

長い文章で練習したい!という方には、こんな早口言葉もありますので練習してみて下さい。

There once was a man who had a sister, his name was Mr. Fister.
Mr. Fister’s sister sold sea shells by the sea shore.
Mr. Fister didn’t sell sea shells, he sold silk sheets.
Mr. Fister told his sister that he sold six silk sheets to six shieks.
The sister of Mr. Fister said I sold six shells to six shieks too!

まずは、音の違いを意識してゆっくり発音してみましょう。徐々に自然な会話の速度に近づけていけば、普段の会話でも/s/と/ʃ/が言い分けられるようになります。

「Discovering Native」で”sea”と”she”の発音の違いを習得できる!

”sea”と”she”の発音の違いを習得するなら、Discovring Nativeでの学習がおすすめです。Discovering Nativeでは英語の発音に欠かせない舌の位置や、口周りの動かし方を習得し、ネイティブライクな発音を身につけることができます。

ここからは、Discovering Nativeで”sea”と”she”の発音の違いを習得する方法を見ていきましょう。

Discovering Nativeとは?

Discovering Nativeは、AIがリアルタイムで発音を判定してくれる英語発音学習用のWebアプリです。3DCG映像が英語の発音に必要な舌や口周りの動きを徹底的に分解し解説。さまざまな角度から発音の動きを確認できます。さらに、AIがユーザー一人ひとりに合った発音トレーニングを提案。Discovring Nativeが確実にネイティブの発音へ導きます。

発音の解説動画で口周りの動きを確認しよう

Discovering Nativeには、実際に”sea”と”she”の発音の違いを習得するためのレッスン動画があります。発音レッスンの動画には/s/と/ʃ/の「解説編」と「実践編」があり、それぞれの動画を見ながら正しい発音の習得が可能です。 解説編では、口の開け方や形、息の出し方、舌の位置まで詳しく解説。また、実践編では、動画を見ながら実際に発音練習ができます。 さらに、/s/と/ʃ/の発音を言い分けるために必要な口周りの体操もあるんです!ネイティブと同じように発音するにはネイティブのように口を動かすことが必要不可欠。 Discovering Nativeの発音解説動画なら、ネイティブのような口周りの動きを習得できます。

発音を実践してみよう

Discovering Nativeで”sea”と”she”の発音をそれぞれ実践してみましょう。3DCGを使った実践動画は、正面、45度、90度の角度で舌の位置や口の動きを確認できます。 また、画面をミラーモードにすることで、自分の口周りの動きと実践動画を同一画面内で見比べることができるんです! 実践動画はスピード調整が可能。わからない動きは、わかるまで繰り返し確認できます。 実践動画で発音練習をして、”sea”と”she”の発音の違いを完全マスターしましょう。

テストで弱点をあぶり出そう

Discovering Nativeには、クイックテストとフルテストの2種類のテストがあります。 発音の上達には、弱点を知ることが大事。クイックテストは、発音の弱点をあぶり出すのに最適なツールです。 弱点がわかれば、繰り返し練習して克服していくだけ。弱点だけでなく得意な発音も知ることができるのもテストの良いところです。 また、フルテストの得点は全国のユーザーとランキングを競うことができます。発音練習は好きなときに学習できる反面、モチベーションの維持が課題のひとつ。 継続して楽しく学習を続けることができるのもDiscovering Nativeならではです。

まとめ:英語の”sea”と”she”の発音の違いは?Discovering Nativeで発音を練習しよう!

今回は、英語の”sea”と”she”の発音の違いについて解説しました。

同じように聞こえて異なる二つの発音。この違いを理解し発音の区別ができるようになれば、英語でのコミュニケーションがもっとスムーズになるはずです。 なめらかな発音を身につけたい、ネイティブのように流暢な英語を話したい方は、まずはDiscovering Nativeの無料トライアルをお試しください!

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた英語発音学習ができるWebアプリ、DISCOVERING NATIVE!

ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。 最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能! 

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

 


関連記事はこちら

よく使われる前置詞「at,in,on」の違いと使い方を分かりやすく紹介!

自分の声(英語)や英会話を録音・録画するメリットとは?

[’s]と[of~]の違いと使い分けとは?

英語脳とは?英語脳の作り方・トレーニング方法を紹介!

よく聞く英語のヤミーってどういう意味?「美味しい」の英語表現も覚えておこう

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み