英語お役立ち情報English Pronunciation Column

発音記号を覚えるメリットとは?英語の発音はDiscovering Nativeで学ぼう

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

英語の辞書などで、発音記号を目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。発音記号は英語学習には欠かせない重要な存在ですが、難しそうなイメージがあるので後回しにされてしまいがち。

今回は、英語の発音記号を習得するメリットや、おすすめの発音サブスクサービスを紹介します!

発音記号とは?

発音記号とは、発音を体系的に表記するために作られた記号のこと。

辞書を見ると、//や[ ]に囲まれて書かれているので、インターネット上でも紙の辞書でも、一度は目にしたことがあるはずです。
英語の発音記号を習得すれば、発音がわからない単語でも確実に正確な読み方がわかるようになります。

とても便利だと思いませんか?
発音記号の読み方を習得して、単語を正しい発音で読めるようになりましょう。

発音記号を習得するメリット

発音記号は発音の習得に欠かせない存在であるとお伝えしましたが、発音記号の習得にはさまざまなメリットがあります。
ここからは、発音記号を習得するメリットについて見ていきましょう!

単語の音を正確に覚えられる

まず、発音記号ベースで個々の音の発音を習得することで、単語の音を正確に覚えることができます。
英単語は、その意味を知っていても音を知らなければ正しく発音することができません。発音記号を知れば、英単語と一緒に記載されている発音記号を見て読み方を正しく理解できるようになります。
耳だけで英語の発音を捉えるのは難しいもの。音を聞き、発音記号を見て読み方を確認することで、より正確な発音をインプットできます。

リスニングスキルが向上する

発音記号の習得は、リスニングスキルの向上にも役立ちます。
発音記号の個々の音を習得すると、たとえ似たような発音でもそれぞれの違いを理解できるようになります。自分で発音できる音は聞き取れることと言われています。つまり、正しく発音できる単語やフレーズを増やしていけば、リスニングのスキルも向上していくというわけです。
単語を覚える際は、発音記号を確認してから音で聞く方法がおすすめ。それから、声に出して発音練習を行いましょう。

正しく発音できるようになれば、リスニングスキルは確実に向上するはずです。

初めてみる単語の発音がわかる

発音記号の習得をすることで、初めて見る単語でも発音がわかるようになります。
日本人は英語をローマ字読みしてしまうクセがあるので、どうしても発音がカタカナ英語になってしまいがち。しかし、発音記号を理解していれば、初めて見る単語でも正しい読み方がすぐにわかります。
発音記号を習得し「発音がわからない」「単語が読めない」などのストレスを減らしていきましょう。

発音記号の習得はDiscovering Nativeにおまかせ

発音記号を習得するなら、Discovering Nativeがおすすめです。
Discovering Nativeは、英語の発音に悩む日本語話者のためにDiscovering Soundsが開発した、英語の発音が学べるWebアプリです。パソコンやスマホ、タブレットがあれば、場所や時間を問わずいつでも発音練習ができるのが魅力です。

ここからは、Discovering Nativeが発音記号の習得におすすめな理由をお伝えします。

発音記号ごとに発音を習得できる

Discovering Nativeでは、発音記号(音素)ごとに発音の習得が可能です。
発音記号一つひとつを音声や動画で確認できるので、わからない発音を完全に無くすことができます。
また、3DCG動画では、舌の位置や口の開け方を確認できるので、音の出し方から理解できるのも特徴です。
Discovering Nativeで動画を見れば、口の動きや舌の位置、口の開き方がすぐに分かります。また、正しい発音の音を確認できるので、曖昧なまま学習を進めるといった不安要素がありません。

レベルに合わせた発音練習ができる

Discovering Nativeは、以下のようなおすすめの学習プランを提案しています。

・最初に抑えるべき発音
・一歩上を目指したい方
・発音をマスターしたい方

発音記号の習得にチャレンジしても、つい途中であきらめてしまいがち。それに、どこから手をつけていいのかもわかりにくいものです。上記のようなステップがあれば、スムーズに発音記号の習得ができますよ。

発音に必要な口周りのエクササイズができる

日本語と英語では、発音の際に使う口周りの筋肉が違うことはご存知でしょうか。

エクササイズで口周りの筋肉をほぐし筋肉の使い方を覚えれば、なめらかな発音が身につくでしょう。
お手本動画を見ながらできるエクササイズなので、1日の空いた時間を使って少しずつ実践してみてください。

単語や短文の発音も習得できる

一つ一つの発音記号を覚えたら、その音が入った単語や短文の発音練習もできます。
方法は、知りたい発音の単語や短文を検索バーに入れるだけ。発音記号が表示されるので、発音のモデル音声のあとに続けて発音してみましょう。
英語の発音は、単語や単語同士のつながりで変化します。発音の法則を覚えてしまえば、ネイティブ顔負けの流暢な発音を身につけられるはずです。

Discovering Nativeをもっと活用しよう!

せっかくなら、Discovering Nativeを活用して英語の発音を習得しましょう。
ここからは、おすすめの機能を紹介します。

ミラーモードで口の動きを見てみよう

Discovering Nativeでぜひ活用してほしいのがミラーモードです。
ミラーモードとは、WEBカメラでモデル動画と自分の口元を比較できる機能のこと。同一画面上で口元の比較ができるので、違った動きをしていてもすぐに修正できます。
便利な機能は使って損はありません。特に苦手な発音は、時間をかけてじっくり練習しましょう。

発音レッスンの効果的な使い方

発音記号ごとの「音声で練習」を選択すると、単語や熟語・短文、文章の発音レッスンができます。
お手本の音声を聞いたら、マイクボタンを押してお手本のように発音してください。
実際の会話を想定して発音練習をすれば、確実に発音は上達していくでしょう。

毎日でもOK!発音クイックテスト

Discovering Nativeには、発音のクイックテストがあります。
たった10問の簡単な発音テストなので、毎日実践するのも苦になりません。苦手な発音は空いた時間を使って練習し、発音の弱点を減らしましょう。
英語の発音習得には、毎日たった5分でも英語に触れることが大事。Discovering Nativeを活用して、流暢な発音を身につけましょう!

まとめ:流暢な発音は発音記号の習得がカギ!英語の発音はDiscovering Nativeで学ぼう

今回の記事では、発音記号や発音記号を習得するメリットについて解説し、おすすめの体験型英語発音サービスDiscovering Nativeを紹介しました。
独学ではなかなか難しい発音記号の習得。3DCGやミラーモード、録音機能などさまざまな機能を備えたDiscovering Nativeなら、きっと楽しく学習できるはず。
ユーザー登録をすると、最初の1ヶ月は無料で利用できます。この機会にぜひDiscovering Nativeをお試しください!

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能! 20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ


関連記事はこちら

「That’s all」と「That’s it」の違いは?「以上です」の英語表現について

英語発音スキルをアップさせる勉強法を徹底解説

英語学習の次のステップ!略語・スラングを使いこなそう

英語が全くできない超初心者必見!自分に合った学習方法を見つけよう

海外で悪い意味のハンドサイン!やってはいけないコルナサインなど

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み