法人コースのご紹介

  • メッセージ
  • モデルケース
  • ご利用事例
  • ご契約までの流れ

「聞いているだけで英語がぺらぺらになる」という広告をよく目にしますが、実際にそういった方に出会ったことはありますか?
Discovering Soundsでは、そういった方たちを見たこともありませんし、実在する噂すら聞いたことがありません。当然、真の英語発音の習得は楽な道とは言えません。
しかしDiscovering Soundsは今までの実績とノウハウを用い、社員のスキルアップを確実に促すオリジナルカリキュラムをご用意し、必ず「通じる英語」を話せるようにいたします。

  • モデルケース1 海外赴任予定者向け研修 対象者が、海外に赴任予定のケース

    わずか2か月の特訓で、「聞き返されない発音」と「自信」が身に付けられる!

    参考例

    対象者:
    海外赴任予定者 1名
    期間:
    2か月
    レッスン回数:
    90分×16回(1ヶ月平均8回)
    別途: 
    テスト×2回
    モデル費用:
    300,000円/税別

    ※テキスト代、交通費、テスト代(1回:5,000円/税別)は、別途

    「海外赴任予定者向け研修」では短期間で集中的な発音研修を行うだけではなく、当校の認定講師と英会話研修も受けていただきます。発音矯正英会話のカリキュラムに沿って勉強していただくだけで、英語で通じ合えるコミュニケーション能力の育成を目指します。 これから海外のビジネス最前線で戦い抜くには、英語での対話力が必須です。洗練された言葉を操ってこそ、相手からの信用を勝ち取ることができます。 「自分は海外でも通用する!」という強い意志を持てるよう、全力でサポートいたします。

  • モデルケース2 海外駐在者向け研修 対象者が、すでに海外に駐在しているケース

    わずか9か月で「相手の心に一歩踏み込めるようなコミュニケーション」が図れるようになる!

    参考例

    対象者:
    海外駐在者 2名
    期間:
    9か月
    受講回数:
    90分×27回(1ヶ月平均3回)
    別途:
    テスト×2回
    費用:
    500,000円/税別

    ※テキスト代、交通費、テスト代(1回:5,000円/税別)は、別途

    「海外駐在者向け研修」の目的は、単に発音が良くなるよう育てるだけではありません。現地の企業担当者と形式だけではない、 心と心が通じ合う、より深いコミュニケーション力の習得を目指します。 研修が終わるころにはきっと、世界中のどの国の企業担当者でも対等、もしくは、それ以上にやれる!というマインドが育成されているはずです。

  • 1年間、1人当たりわずか80,000円で「通じない英語」が「通じる英語」になる!

    参考例

    対象者:
    国内社員 10名
    期間:
    1年間
    受講回数:
    90分×36回(1ヶ月平均3回)
    別途:
    テスト×2回
    費用:
    800,000円/税別

    ※テキスト代、交通費、テスト代(1回:5,000円/税別)は、別途

    日々、企業には、海外から普通に電話がかかってくることがあるかと思います。しかし、相手の言っていることも正確には理解できず、自分の言っていることも伝わらない状況が多くみられます。外資系企業の日本法人担当者は、「日本の会社には、英語を話せる人材が本当に少ない。」と嘆いています。社内では、英語を活用する機会が多い部署も増えてきてはいますが、英語力が十分ではないため、応対に問題があり、その結果、ビジネスチャンスを逃しているのでは?という懸念事項に行きついてしまうかと思います。

    その際は、まず社員のレベルチェックテストを行い、社員の何パーセントが「通じる英語」を話せていて、何パーセントが「通じない英語」を話しているのか?の現状の把握をいます。

    その後、社員それぞれの弱点の打破・改善に向けて御社に最適なオリジナルカリキュラムをご提案させていただきます。このD.S独自の研修を1年間継続して行い、再度レベルチェックテストを行い、社員がどれだけレベルアップできたかを分析、フィードバックを行います。企業として英語力アップを試みるからには、翌年に向けた成長後のイメージマップを考える必要があるのです。